[トップページ] 「最近の愛聴盤」 「今週のジャケット



Dragon's Jazz Corner

最近興味あるアルバム

くつろぎ系 初心者の人や、疲れ気味の人におすすめです。
まじめ ジャズをしっかりと聴きたい人におすすめです。
中間 そのどちらでもない人とそのどちらかの人向きです

注:10枚限定です。




(10) FRANCO CERRI SEXTET / INTERNATIONAL JAZZ MEETING


franco cerri(g), barney wilen(ts,ss), flavio ambrosetti(as),
george grunte(p), k.t.geier(b), eberard stengel(ds),
george joyner(b), buster smith(ds)
1961Rec/Columbia/



 1  Mary And Steve
 2  Broadway
 3  Aserenade For Patrick
 4  Ow
 5  I Love You
 6  Misty
 7  Boplicity
 8  Flagebakaefra Blues


先日CDショップでイタリアの名ギタリスト、フランコ・セリの初期盤を見つけました。
「へぇ〜、こんなのが出てるんだ」と思いました。
ここでの目玉は明らかにバルネ・ウィラン(ts)の参加でしょうね。
フランスのバルネはマイルス・デイヴィス(tp)との共演で知られています。
1960年代初期、当時はヨーロッパのジャズに触れる機会がほとんどなかった。
日本もそうだったけどアメリカ生まれのジャズはどの国でも黎明期だったと思います。

(中間系)



(9) FRANK SINATRA / SINATRA & ANTONIO CARLOS JOBIM


frank sinatra(vo), antnio carlos jobim(g,vo)
1967/Reprise/



 1  The Girl From Ipanema
 2  Dindi
 3  Change Partners
 4  Corcovado
 5  Maditation
 6  If You Never Come To Me
 7  How Insensitive
 8  I Concentrate On You
 9  Baubles, Bangles And Beads
 10  Once I Loved


リプリーズ・レコードはフランク・シナトラとワーナー・ブラズの共同出資です。
シナトラが自分のレコード会社で好きに作りたいという意図があったと思います。
「Francis Albert Sinatra」・・・シナトラの正式な名前が出てました。

今作はシナトラのボサノバ盤でそれもアントニオ・カルロス・ジョビンを迎えた豪華盤です。
ジョビンのヒット曲が並んでいます。
私がここで興味を持ったのはジョビン以外の曲です。
「Change Partners」、「I Concentrate On You」、「Baubles,Bangles And Beads」
ボサノバのリズムが心地良かったです。

(くつろぎ系)



(8) FRED ASTAIRE / STARRING FRED ASTAIRE


fred astaire(vo)
1935-1940rec/CBS/



   DISC 1    DISC 2
 1  Cheek To Cheek  1  Beginner's Luck
 2  No Strings  2  Let's Call The Whole Thing Off
 3  Isn't This A Lovely Day ?  3  Shall We Dance
 4  Top Hat, White Tie And Tales  4  Slap That Bass
 5  The Piccolino  5  A Foogy Day
 6  Let's Face The Music And Dance  6  Things Are Looking Up
 7  I'm Putting All My Eggs In One Basket  7  Nice Work If You Can Get It
 8  We Saw The Sea  8  I Can't Be Bothered Now
 9  I'm Building Up To An Awful Let Down  9  Change Partners
 10  Let Yourself Go  10  I Used To Be Color Bund
 11  I'd Rather Lead A Band  11  The Vam
 12  The Way You Look Tonight  12  The Yam Step
 13  Never Gonna Dance  13  Who Cares
 14  Pick Yourself Up  14  Just Like Taking Candy From A Baby
 15  A Fine Romance  15  Love Of My Life
 16  Bojangles Of Harlem  16  Poor Mr. Chisholm
 17  They Can't Take That Away From Me  17  Me And The Ghost Upstarrs
 18  They All Laughed  18  Dig It


コロナ禍以降続けてきた古い良い曲巡りもついにここまで来たかという感じです。
先日紹介したビング・クロスビー(vo)に続いてフレッド・アステア(vo)です。
アステアは歌手というより稀代のダンサーとして知られていると思います。
映画の中での優雅なダンス・シーンは唯一無二の素晴らしさです。
ダンスに関しては一切の妥協は許さなかったと言われています。
今作はアステアのスタンダード作品集(1935-40)。
歌は常識的な範囲を出ませんが面白いのは時々タップのリズムが入ることです。

(くつろぎ系)



(7) ANDY WILLIAMS / WARM AND WILLING


andy williams(vo)
robert marsey & his orchestra

2014/Hallmark/



 1  Enbraceable You
 2  How Long Has This Been Going On
 3  The Touch Of Your Lips
 4  I See Your Face Before Me
 5  The Way You Look Tonight
 6  If Ever I Would Leave You
 7  My One And Only Love
 8  Stranger On The Shore
 9  Warm All Over
 10  More Than You Know
 11  Love Is Here To Stay
 12  Warm And Willing


前回「The Shadow Of Your Smile」(1966)というアルバムを紹介しました。
そこでアンディ・ウィリアムスの良さを再認識しました。
もう少し聴きたくなって「他に何かないかな?」と探して今作を選んだわけです。
ジャズスタンダードのバラード作品集なのでどの曲も同じような感じになっています。
良いか悪いか、それが好みの分かれるところだと思います。
それでも歌の上手さは十分に感じることが出来ました。
静かにのんびりと過ごしたい時にBGMで流すにはピッタリのアルバムです。
特に表題曲の(12)「Warm And Willing」はお気に入りになりました。
多分アンディのオリジナルでしょうね。
良い曲なんだけどカバーしている人が案外に少なかったのは意外です。
もっと知られてくればスタンダードになっても可笑しくないと思うけどねぇ〜。


(くつろぎ系)



(6) DINAH SHORE / DINAH SINGS PREVIN PLAYS


dinah shore(vo)
andre previn(p), red mitchell(b), frank capp(ds)
1960Rec/Capitol/



 1  The Man I Love
 2  April In Paris
 3  That Old Feeling
 4  I've Got You Under My Skin
 5  Then I'll Be Tired Of You
 6  Sleepy Tome Gal
 7  My Melancholy Baby
 8  My Funny Valentine
 9  It Had To Be You
 10  I'll Bee Seeing You
 11  If I Had You


古い良い曲巡りではダイナ・ショア(vo)を再評価しました。
じっくりと聴いてみるとやわらかな歌声が意外に良かったんですね。
今作はアンドレ・プレヴィン・トリオとの共演で多分一番人気のある作品かも知れません。
プレヴィンはクラシック界で大人気を博したけど当時はアメリカ西海岸のジャズ・マンでした。

(くつろぎ系)



(5) STEVE LAWRENCE / LONG BEFORE I KNOW YOU


steve lawrence(vo)
2007/Jasmine/



 1  Say It Isn't True
 2  This Night (Madalena)
 3  My Shawl
 4  How Do I Break Away From You
 5  Willow
 6  Tell Me What To Do To
 7  Open Up The Gates Of Mercy
 8  My Impression Of Janie
 9  The Load Is A Busy Man
 10  Adelaide
 11  Chicken And The Hawks
 12  Speedoo
 13  Never My Love
 14  Ethel Baby
 15  If You Would Say You're Mine
 16  Never Mind
 17  Banana Boat Song
 18  Long Before I Know You
 19  Where Or When
 20  This Heart Of Mine
 21  Like Someone In Love
 22  The More I See You
 23  I Could Make You Care
 24  My Romance
 25  If I Had You
 26  They Didn't Believe Me
 27  For You, For Me, Forevermore
 28  Then I'll Be Tired Of You
 29  What Is There To Say


スティーヴ・ローレンスは歌手だけではなく俳優、コメディアンでもあります。
1950〜60年代にはレコード歌手として何曲かのヒットを飛ばしています。
奥方のイーディ・ゴーメ(vo)とのおしどりデュオは有名で人気がありました。
今作のジャズ・スタンダードは(19)〜(29)で達者なヴォーカルを聴かせてくれます。
やさしくまろやかな歌声が魅力だと思います。

(くつろぎ系)



(4) ELLA FITZGERALD / THE JOHNNY MERCER SONGBOOK


ella fitzgerald(vo)
1964Rec/Verve/



 1  Too Marvelous For Words
 2  Early Autumn
 3  Day In - Day Out
 4  Laura
 5  This Time The Dream's On Me
 6  Skylark
 7  Single 'O
 8  Something's Gotta Give
 9  Trav'lin Light
 10  Midnight Sun
 11  Dream
 12  I Remember You
 13  When A Woman Loves A Man


エラ・フィッツジェラルド(vo)のジョニー・マーサー作品集です。
ジョニー・マーサーは作詞家として知られているけど作曲家でもあります。
特に(11)「Dream」は「いい曲だなぁ〜」と思います。
エラの作品集の中では地味な一枚ですがここにも良い曲がいっぱい入っています。
「Too Marvelous For Words」、「Day In-Day Out」、
「This Time The Dream's On Me」、「I Remember You」なんかが好きです。
エラの歌唱力は聴けば聴くほど素晴しいと思います。

(くつろぎ系)



(3) JOSE JAMES & JEF NEVE / FOR ALL WE KNOW


jose james(vo), jef neve(p)
2010/Verve/



 1  Autumn In New York
 2  Embraceable You
 3  Gee Baby, Ain't I Good To You
 4  Body And Soul
 5  When I Fall In Love
 6  Tenderly
 7  Just Squeeze Me
 8  Lush Life
 9  For All We Know


ホセ・ジェイムス(vo)の名前は知っていましたが買ったのは初めてです。
今作がスタンダード作品集だったからです。
今の私は古いスタンダードに興味が向いています。
ベルギー出身の人気ピアニストのジェフ・ニーヴとのデュオ作品です。
ゆったりとしたバラード唱法は「中々に聴かせるなぁ〜」と思いました。
声質はやわらかくまろやかな感じ・・・私はアル・ジャロウ(vo)をイメージしました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(2) PEGGY LEE / THE BEST OF PEGGY LEE


peggy lee(vo)
1991/MCA/



 1  Johnny Guitar
 2  Autumn In Rome
 3  Black Coffee
 4  What's New
 5  Mr.Wonderful
 6  There's A Small Hotel
 7  You Go To My Head
 8  I've Got You Under My Skin
 9  It's All Right With Me
 10  Bye Bye Black Bird
 11  Love Letters
 12  My Heart Belongs To Daddy
 13  La La Lu
 14  Bella Notte
 15  Somebody Loves Me
 16  Apples, Peachs & Cherries
 17  The Slamese Cat Song
 18  Sans Souci
 19  Let Me Go, Lover !
 20  Swing Low Sweet Chariot
 21  I Don't What To Play In Your Yard


ペギー・リーを聴くのも超久し振りです。
ジャズ・ヴォーカルを聴き始めた頃に代表作の「ブラック・コーヒー」を買っただけです。
取りあえず一通り聴くにはベスト盤は便利だと思っています。
「There’s A Small Hotel」と「Apples,Peachs&Cherries」が聴きどころになりました。
あと普段聴くことがないディズニー映画の「わんわん物語」の3曲が面白かったです。
(13)、(14)、(17)がそうです。

(くつろぎ系)



(1) ANNIE ROSS / SINGS A HANDFUL OF SONGS


annie ross(vo)
johnny spence & his orchestra(1-12)
tony crombie & his orchestra(13-16)
1956(13-16)/1963(1-12)Rec/Ember/



 1  Lot Of Livin' To Do
 2  Let Me Love You
 3  All The Things You Are
 4  I'm Gonna Go Fishin'
 5  Like Someone In Love
 6  Limehouse Blues
 7  A Handful Of Songs
 8  All Of You
 9  Fly Me To The Moon
 10  Nature Boy
 11  What's Nec
 12  Love For Sale
 13  Mama He TreatsYour Daughter Mean
 14  C'est Si Bon
 15  I Can't Believe You're In Love With Me
 16  Don't Worry 'Bout Me


アニー・ロスを聴くのも超久し振りです。
ジャズを聴き始めた頃「アニー・ロスは歌う」のジェリー・マリガン(bs)との共演盤が最初です。
その後「ランバート、ヘンドリックス&ロス」を聴きました。
ロスが「ランバート、ヘンドリックス&ロス」に在団したのが1957〜62年でした。
つまり今作は入る前と出た後の録音を集めたものになります。
どれもしっかりと歌っていると思いました。

(くつろぎ系)