[トップページ] 「最近の愛聴盤」 「今週のジャケット



Dragon's Jazz Corner

最近興味あるアルバム

くつろぎ系 初心者の人や、疲れ気味の人におすすめです。
まじめ ジャズをしっかりと聴きたい人におすすめです。
中間 そのどちらでもない人とそのどちらかの人向きです

注:10枚限定です。




(10) HARRY ALLEN QUARTET / SOMEONE TO LIGHT UP MY LIFE


harry allen(ts),
john horler(p), pete morgan(b), oliver jackson(ds),
1991/Master Mix/



 1  My Shining Hour
 2  Day In Day Out
 3  Here's To That Rainy Day
 4  Someone To Light Up My Life
 5  Like Someone In Love
 6  I Wish You Love
 7  April In Paris
 8  I Want To Be Happy
 9  I've Grown Accustomed To Your Face
 10  My Romance
 11  Owls Blues
 12  Strike Up The Band


今私はハリー・アレン(ts)の初期の作品に興味が向いています。
アレンは1966年の12月生まれ、ワシントン州の出身です。
デビュー作は1989年の「How Long Has This Been Going On? 」(Progressive)です。
この時代での22歳のデビューは早いので若い頃から注目されていたんでしょうね。
スムーズなフレージングと安定感は確かに達者なプレイヤーだと思います。

今作は2枚目のアルバムで24歳ということになります。
自身のオリジナルの「Owls Blues」を除いては全てスタンダードのオン・パレードになっています。
この頃は柔らかにしたコールマン・ホーキンス(ts)やベン・ウェブスター(ts)のモダンなスイング・スタイルです。
明らかにスコット・ハミルトン(ts)の影響も感じられました。

(くつろぎ系)



(9) HARRY ALLEN NEW YORK SEXTET / SWING BROTHERS


harry allen(ts), scott hamilton(ts), bucky pizzarelli(g),
john bunch(p), jay leonhart(b), chuck riggs(ds)
2005/Swing Bros/



 1  My Lean Baby
 2  Flying Home
 3  Danny Boy
 4  Shiny Stockings
 5  Crazy Rhythm
 6  A Nightingale Sang In Berkley Square
 7  The Way You Look Tonight
 8  One O'clock Jump
 9  Love Is Just Around The Corner
 10  Cotton Tail
 11  Love Light


ハリー・アレン(ts)とスコット・ハミルトン(ts)は似た者同士ということになるかな。
スコット・ハミルトンはベン・ウェブスター(ts)でハリー・アレンはスタン・ゲッツ(ts)の再来と言われています。
共に安定感、安心感があるノスタルジックなスタイルの持ち主で人気があり稀代の多作家でもあります。
何しろ色んなところにゲストで呼ばれることが多いです。
2テナー・バトルの歴史は長くてデクスター・ゴードン&ワーデル・グレイ、アル・コーン&ズート・シムズ、
ジョニー・グリフィン&エディ・ロックジョー・デイビスのコンビなどが知られています。

私は疲れてくるとこの二人のアルバムを聴くことが多くなります。
やっぱり聴いていてホッとするんですよ。
こういうプレイヤーは本当に貴重だと思っています。
今作もまた題名通りのスイング感溢れる演奏が聴けました。
ほとんど打ち合わせをしていないぶっつけ本番のジャムセッション的な面白さがあります。
少々ピッチが外れてもずれても構わずにドンドンと進んで行くのはジャズの即興性そのものの醍醐味です。
ここでのもう一つの目玉はバッキー・ピザレリ(g)のリズム・ギターの素晴らしさです。
これを聴くだけでも今作の価値があります。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)



(8) ROD STEWART / FLY ME TO THE MOON
The Great American Songbook 5



rod stewart(vo)
joe sample(p), mike thompson(p), alex navarro(p),
reggie mcbride(b), chris golden(b), trey henry(b),
john ferraro(ds), kalani(per),
larry koontz(g), aaron kaplan(g),
doug webb(ts), andrew lippman(tb), lee thornburg(tp), etc
2010/J Records/



 1  That Old Black Magic
 2  Beyond The Sea
 3  I've Got You Under My Skin
 4  What A Difference A Day Makes
 5  I Get A Kick Out Of You
 6  I've Got The World On A String
 7  Love Me Or Leave Me
 8  My Foolish Heart
 9  September In The Rain
 10  Fly Me To The Moon
 11  Sunny Side Of The Street
 12  Moon River


ロッド・スチュワート(vo)の「The Great American Songbook」シリーズの第5弾です。
ようやく最終章までたどり着きました。
このシリーズは2002年から始まっているので今作まで8年間かかっています。
その数60曲余り、よく知られた有名スタンダードがいっぱい詰まっていました。
中でも特に私が惹かれたのはあまり聴いたことがない古い歌曲でした。
新しい発見もありました。
「ロック系歌手のセクシーさも悪くないな」と思わされた一連の作品群です。

今作は5年振りの作品で最も完成度が高いと思います。
余計な力が抜けた自然体で歌声に落ち着きと艶が出て来ました。
「What A Difference A Day Makes」や「Love Me Or Leave Me」が素晴らしいです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)



(7) ROD STEWART / THANKS FOR THE MEMORY
The Great American Songbook 4



rod stewart(vo)
kenny ascher(p), david finck(b), allan schwartzberg(ds),
bob mann(g), ed howard(b), et)
2005/J Records/



 1  I've Good A Crush On You With Diana Ross
 2  I Wish You Love With Chris Botti
 3  You Send Me With Chaka Khan
 4  Long Ago And Far Away
 5  Makin' Whoopee With Elton John
 6  My One And Only Love With Roy Hargrove
 7  Taking A Chance On Love
 8  My Funny Valentine
 9  I've Got My Love To Keep Me Warm
 10  Nevertheless with Dave Koz
 11  Blue Skies
 12  Let's Fall In Love With George Benson
 13  Thanks For The Memory
 14  Cheek To Cheek (Bonus Track)


ロッド・スチュワート(vo)の「The Great American Songbook」シリーズの第4弾です。
このシリーズの中では一番入手が困難でしたがその理由が分かりました。
ゲスト陣が豪華でその名前を見て驚きました。
ダイアナ・ロス、チャカ・カーン、エルトン・ジョンの大物からフュージョン系ジャズ・ミュージシャンも参加しています。
クリス・ボッチ(tp,vo)、ロイ・ハーグローブ(tp)、デイヴ・コウズ(ts)、ジョージ・ベンソン(g,vo)がいました。
これだとやっぱり人気になるでしょうね。
ロッドはいつものようにリラックスして楽しそうに歌っていました。
私的ベスト・トラックは古い歌曲でちょっと気弱な男の恋を歌った(10)「Nevertheless」です。
(4)「Long Ago And Far Away」も良い曲だと思います。
ロッドの憧れ、サム・クックのヒット曲の「You Send Me」はチャカ・カーンとのデュエットです。

1〜3集まではすでに紹介済だけど最後の第5弾まで行くつもりでいます。
こういうシリーズ物は最後までいかないと気が済まないのが悪いクセなんだよね。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)



(6) ELLA FITZGERALD / SINGS IRVING BERLIN & DUKE ELLINGTON SONG BOOK


ella fitzgerald(vo),
2008/Not Now/



   Disk 1    Disk 2
 1  Let's Face The Music And Dance  1  GIt's A Lovely Day Today
 2  You're Laughing At Me  2  Change Partners
 3  Let Yourself Go  3  No Strings
 4  You Can Have Him  4  I've Got my Love To Keep Me Warm
 5  Russian Lullaby  5  Rockin' In Rhythm (↓Ellington)
 6  Puttin' On The Ritz  6  Drop Me Off In Harlem
 7  Get Three Behind Me, Satan  7  Day Dream
 8  Alexander's Ragtime Band  8  Caravan
 9  Top Hat, White Tie, And Tails  9  Take The A Train
 10  How About Me ?  10  I Ain't Got Nothing But The Blues
 11  Cheek To Cheek  11  Clementine
 12  I Used To Be Colore Blind  12  I Didn't Know About You
 13  Lazy  13  I'm Beginning To See The Light
 14  How Deep Is The Ocean  14  Lost In Meditation
 15  All By Myself  15  Perdido
 16  Remember  16  Cotton Tail
 17  Supper Time  17  Do Nothin' Till You Hear From Me
 18  How's Chances  18  Just A-Sittin' And A'Rockin'
 19  Heat Wave  19  Solitude
 20  Isn't It A Lovely Day  20  Rocks In My Bed
 21  You Keep Coming Back Like A Song  
 22  Reaching For The Moon  
 23  Slumming On Park Avenue    
 24  The Song Is Ended    
 25  I'm Puttin' All My Eggs In One Basket    
 26  Now It Can Be Told    
 27  Always    

   Disk 3
 1  Satin Doll
 2  Sophisticated Lady
 3  Just Squeese Me
 4  It Don't Mean A Thing
 5  Azure
 6  I Let A Song Go Out Of My Heart
 7  In A Sentimental Mood
 8  Don't Get Aroud Much Anymore
 9  Predude To A Kiss
 10  Everything But You
 11  I Got It But
 12  I'm Just A Lucky So And So
 13  All Too Soon
 14  Blip-Blip
 15  Mood Indigo
 16  In A Mellow Tone
 17  Love You Madly
 18  Lush Life
 19  Squatty Roo


ビリー・ホリデイ、エラ・フィッツジェラルド、カーメン・マクレー、サラ・ヴォーン、
アニタ・オデイ、クリス・コナー等々、先祖帰りの女性ジャズ・ヴォーカリストを色々と聴いてきました。
その中で一番多く聴いたのがここのエラ・フィッツジェラルドです。
今まで「コール・ポーター作品集」と「ロジャース&ハート作品集」を聴いてきました。
今作はエラが歌う「アーヴィング・バーリンとデューク・エリントン作品集」です。
バーリンだと「Cheek To Cheek」、「How Deep Is The Ocean」、「Always」、
ここには入っていないけど「Blue Sky」や「White Christmas」などの有名曲もあります。
エリントンはそれこそ目移りして何を選んだらよいか、迷ってしまいますね。
「In A Sentimental Mood」、「Take The A Train」、「Mood Indigo」、「Solitude」、
「In A Mellow Tone」、「I'm Beginning To See The Light」、「Perdido」など。
こうして改めて見てみるとエリントンにはいかに愛すべき名曲が多いか、一目瞭然です。
ちなみにディスク2の4曲目までがバーリンで5曲以降はエリントンの作品になります。

(くつろぎ系)



(5) JULIE LONDON VOL.2 / 4CD・EIGHT CLASSIC ALBUMS


julie london(vo), etc
(1959-1962rec)/Reel To Reel/



   Disk 1    Disk 2
 1  Comin' Thru' The Rye  1  You'd Be So Nice To Come Home To
 2  Cuddle Up A Little Closer  2  Lonesome Road
 3  After The Ball  3  They Didn't Believe Me
 4  Be My Little Bumble Bee  4  By Myself
 5  Camptown Races  5  The Thrill Is Gone
 6  Old Folks At Home  6  You've Changed
 7  Downtown Strutter's Ball  7  Goodbye
 8  How Come You Do Me Like You Do  8  Sentimental Journey
 9  Row, Row, Row  9  Give Me The Simple Life
 10  By The Beautiful Sea  10  You Stepped Out Of A Dream
 11  Bill Bailey, Won't You Please Come Home  11  Let There Be Love
 12  Three O'clock In The Morning  12  Everything Happen To Me
 13  Makin' Whoopee  13  'Round Midnight
 14  It Could Happen To You  14  Lonely Night In Paris
 15  When I Fall In Love  15  Misty
 16  It's A Blue World  16  Black Coffee
 17  They Can't Take That Away From Me  17  Lush Life
 18  One For My Baby  18  In The Wee Small Hours Of The Morning
 19  Angel Eyes  19  Don't Smoke In Bed
 20  Love Is Here To Stay  20  You And The Night And The Music
 21  The More I See You  21  Something Cool
 22  A Stranger In Town  22  How About Me
 23  Two Sleepy People  23  But Not For Me
 24  Learnin' The Blues  24  The Party's Over

   Disk 3    Disk 4
 1  Evenin'  1  Sophisticated Lady
 2  What's Your Story, Morning Glory  2  Blame It On My Youth
 3  Get On The Right Track  3  Make It Another Old Fashioned, Please
 4  I Must Have That Man  4  You're Blase
 5  T'Ain't What You Do  5  Bewitched, Bothered And Bewildered
 6  Baby Come Home  6  Spring Can Really Hang You Up The Most
 7  Everyday I Have The Blues  7  Remind Me
 8  Yes Indeed  8  When She Makes Music
 9  Gee Baby, Ain't I Good  9  When The World Was Young
 10  Cheatin' On Me  10  If I Should Lose You
 11  Trav'lin Light  11  Where Am I To Go
 12  Send For Me  12  Absent Minded Me
 13  Why Don't You Do Right  13  Love Letters
 14  Ny Heart Belongs To Daddy  14  The Second Time Around
 15  Hard Hearted Hannah  15  I Love You Porgy
 16  Do It Again  16  What A Diff'rence A Day Made
 17  Take Back Your Mink  17  Never On Sunday
 18  Diamond's Are A Girls Best Friend  18  I Miss you So
 19  Daddy  19  All The Way
 20  An Occasional Man  20  Come On-A My House
 21  Love For Sale  21  Hey There
 22  Always True To You In My Fashion  22  And That Reminds Me
 23  There'll Be Some Changes Made  23  Fascination
 24  Tired  24  Broken-Hearted Melody


ジュリー・ロンドン(vo)は身近だった割にレコードは一枚も持っていません。
耳にすることは多かったけれどジャズ・ヴォーカリストとしては?だったのかも知れない。
夜のムード、色っぽい美人歌手というイメージがありました。
今回まとめて聴いてみると確かにポピュラーっぽいところもあるんだけれど・・・。
根っこにはジャズ・ヴォーカリストのしての資質がありました。
歌とは別に容姿とか雰囲気とかがどう影響するかを見極めるには面白かったです。

今作には1959〜1962年収録のアルバム8枚が入っています。
*Swing Me An Old Song(1959)
*Your Number Please(1959)
*Julie...At Home(1960)
*Around Midnight D(1960)
*Send For Me(1961)
*Whatever Julie Wants(1961)
*Sophisticated Lady(1962)
*Love Letters(1962)

(中間系)



(4) DINAH WASHINGTON / 4CD・EIGHT CLASSIC ALBUMS


dinah washington(vo), etc
(1955-1960rec)/Reel To Reel/



   Disk 1    Disk 2
 1  Lover Come Back To Me  1  Our Love Is Here To Stay
 2  Alone Together  2  Let Me Love You
 3  Summertime  3  There'll Be A Jubilee
 4  Come Rain Or Come Shine  4  My Ideal
 5  No More  5  I've Got A Crush On You
 6  I've Got You Under My Skin  6  Let's Do It
 7  There Is No Greater Love  7  Nothing Ever Changes My Love For You
 8  You Go To My Head  8  What'll I Tell My Heart
 9  I Get A Kick Out Of You  9  On The Sunny Side Of The Street
 10  Blue Gardenia  10  Say It Isn't So
 11  Easy Living  11  Sometimes I'm Happy
 12  You Don't Know What Love Is  12  If I Were A Bell
 13  This Can't Be Love  13  They Didn't Believe Me
 14  My Old Flame  14  You're Cryimg
 15  I Could Write A Book  15  Makin' Whoopee
 16  Make The Man Love Me  16  Ev'ry Time We Say Goodbye
     17  But Not For Me
     18  Caravan
     19  Perdido
     20  Never Let Me Go
     21  Is You Is Or Is You Ain't My Baby
     22  I'll Close My Eyes
     23  Somebody Loves Me

   Disk 3    Disk 4
 1  I Remember You  1  Crazy Love
 2  I Thought About You  2  Fool That I Am
 3  That's All There Is To That  3  I Concentrate On You
 4  I Won't Cry Anymore  4  Lord, You Made Us Human
 5  I'm Thru With Love  5  The Song Is Ended
 6  Cry Me A River  6  Forgotten
 7  What A Diff'rence A Day Made  7  Good Morning Heartache
 8  Nothing In The World  8  While We're Young
 9  Manhatten  9  Daybreak
 10  Time After Time  10  I've Got It Bad And That Ain't Good
 11  It's Magic  11  Show Me The Way
 12  A Sunday Kind Of Love  12  Misery
 13  There Goes My Heart  13  September In The Rain
 14  Call Me  14  Without A Song
 15  Baby  15  This Heart Of Mine
 16  Love Walked In  16  As Long As I'm In Your Arms
 17  Not One Step Behind  17  With a Song In My Heart
 18  A Rookin' Good Way  18  Softly
 19  Someone To Believe In  19  I Can't Believe That You're In Love With Me
 20  This I Promise You  20  I Was Telling Him About You
 21  I Do  21  I've Got My Love To Keep Me Warm
 22  Because Of Everything  22  I'll Never Kiss you Goodbye
 23  Again  23  I'll Come Back For More
 24  I Believe  24  Tell Love Hello


ダイナ・ワシントン(vo)もほとんど聴いたことがなかったです。
知っていたのは超有名な「ウィズ・クリフォード・ブラウン」(Dinah Jams)だけでした。
改めて聴いてみると、どのアルバムもメンバーが凄くて驚きました。
クインシー・ジョーンズ(arr)、キャノンボール・アダレイ(as)、ウィントン・ケリー(p)等々、
特に後半の4枚のピアニストがジョー・ザビヌルだったなんてそれこそ意外だったです。
「そうなの?長いこと一緒に演ってたんだ」なんてね。

今作には1954〜1960年収録のアルバム8枚が入っています。
*Dinah Jams(1954)
*For Those In Love(1955)
*In The Land Of HI Fi(1956)
*The Swingin' Miss D(1956)
*What A Deff'rence A Day Makes(1959)
*The Two Of Us(1960)
*I Concentrate On You(1960)
*September In The Rain(1960)

(中間系)



(3) BILLIE HOLIDAY / 6CD・TWELVE CLASSIC ALBUMS


billie holiday(vo), etc
(1952-1958rec)/Reel To Reel/



   Disk 1    Disk 2
 1  I Only Have Eyes For You  1  Love For Sale
 2  You Turned The Tables On Me  2  Moonglow
 3  Blue Moon  3  Everything I Have Is Yours
 4  Solitude  4  If The Moon Turns Green
 5  These Foolish Things  5  Autumn In New York
 6  You'd Be So Easy To Love  6  How Deep Is the Ocean
 7  You Go To My Head  7  What A Little Moonlight Ca Do
 8  East Of The Sun  8  I Cried For You
 9  Stormy Weather  9  It Had To Be You
 10  Lover Come Back To Me  10  Come Rain Or Come Shine
 11  My Man  11  I Don't Want To Cry Anymore
 12  He's Funny That Way  12  I Don't Stand A Ghost Of A Chance
 13  Yeasterdays  13  A Fine Romance
 14  Tenderly  14  Gone With The Wind
 15  I Can't Face The Music  15  I Get A Kick Out Of You
 16  Remember  16  Isn't This A Lovely Day

   Disk 3    Disk 4
 1  Purelude To A Kiss  1  Body And Soul
 2  When Your Lover Has Gone  2  They Can't Take That Away From Me
 3  Please Don't Talk About Me When I'm Gone  3  Darn That Dream
 4  Nice Work If You Can Get It  4  Let's Call The Whole Thing Off
 5  I Gotta Right To Sing The Blues  5  Comes Love
 6  What's New  6  Gee Baby, Ain't I Good To You
 7  I Hadn't Anyone Till You  7  Embraceable You
 8  Everything I Have Is Yours  8  Moonlight In Vermont
 9  Lady Sings The Blues  9  I Wished On The Moon
 10  Trav'lin Light  10  Ain't Misbehavin'
 11  I Must Have That Man  11  Everything Happens to Me
 12  Some Other Spring  12  Say It Isn't So
 13  Strange Fruit  13  I've Got My Love To Keep Me Warm
 14  No Good Man  14  Always
 15  God Bless The Child  15  Do Nothing Till You Hear From Me
 16  Good Morning Heartache    
 17  Love Me Or Leave Me    
 18  Too Marvelous For Words    
 19  Willow Weep For Me    
 20  I Thought About You    


   Disk 5    Disk 6
 1  Day In - Day Out  1  Do Nothing Till You Hear From Me
 2  A Foggy Day  2  Cheek To Cheek
 3  Stars Fell on Alabama  3  Ill Wind
 4  One For My Baby  4  Speak Low
 5  Just One Of Those Things  5  We'll Be Togther Again
 6  I Don't Know What time It Was  6  All Or Nothing At All
 7  I'm a Fool To Want You  7  Sophisticated Lady
 8  For Heaven's Sake  8  April In Paris
 9  You Don't Know What Love Is  9  I Wished On The Moon
 10  I Get Alpng Without You Very Well  10  But Not For Me
 11  For All We Know  11  Say It Isn't So
 12  Violets For Your Furs  12  Our Love Is Here To Stay
 13  You've Changed  13  Nice Work If You Can Get It
 14  It's Easy To Remember  14  Willow Weep For Me
 15  But Beautiful  15  My Man
 16  Glad To Be Unhappy  16  Lover, Come Back To Me
 17  I'll Be Around  17  Lady Sings The Blues
 18  The End Of A Love affair  18  What A Little Moonlight Can Do


若い頃、仕事が滅茶苦茶に忙しくてきつかった時にビリー・ホリデイを聴けなかった時期がある。
ホリデイの歌が余りに心に沁み込んでかえって落ち込んでしまうから。
気持が同化してしまった。

改めて集中して聴いてみるとやっぱりビリー・ホリデイは凄いと思う。
唯一無比の存在です。
彼女の歌そのものがジャズだからもうどうしょうもない。
誰も超えることは出来ない存在です。

今作には1952〜1958年収録のアルバム12枚が入っています。
Disk 1 / *Billie Holiday Sings(1952) & *An Evening With Billie Holiday(1953)
Disk 2 / *Billie Holiday(1954) & *Music For Torching(1955)
Disk 3 / *Velvet Mood(1956) & * Lady Sings The Blues(1956)
Disk 4 / *Body And Soul(1957) & *Stay With Me(1958)
Disk 5 / *Songs For Distingue Lovers(1957) & *Lady In Satin(1958)
Disk 6 / *All Or Nothing At All(1958) & * Billie Holiday At Newport(1958)

(中間系)



(2) MEL TORME' / 4CD・SIX CLASSIC ALBUMS


mel torme'(vo),
marty paich's orchestra, etc
(1955-1960rec)/Reel To Reel/



   Disk 1    Disk 2
 1  I God It Bad  1  The Lady Is A Tramp
 2  Till The Clouds Roll By  2  I Like To Recognize The Tune
 3  Isn't It Romantic  3  Keeping My Self For You
 4  I Know Why  4  Lullaby Of Birdland
 5  All This And Heaven Too  5  When April Comes Again
 6  How Long Has This Been Going On  6  Sing For Your Supper
 7  Polka Dots And Moonbeams  7  Nice Work If You Can Get It
 8  You Leave Me Breathless  8  Somethings Gotta Give
 9  I Found A Million Dollar Baby  9  A Foggy Day
 10  Wonderful One  10  A Fine Romance
 11  It's A Blue World  11  Let's Call The Whole Thing Off
 12  Stay As Sweet As Your Are  12  Top Hat, While Tie And Tail
 13  Lulu's Back In Town  13  The Way You Look Tonight
 14  When The Sun Comes Out  14  The Piccolino
 15  I Love You Watch The Moonlight  15  They Can't Take That Away From Me
 16  Fascinating Rhythm  16  Cheek To Cheek
 17  The Blues  17  Let's Face The Music And Dance
 18  Carioca  18  They All Laughed

   Disk 3    Disk 4
 1  Tat Old Feeling  1  Take The "A "Train
 2  Gloomy Sunday  2  Tenderly
 3  Body And Soul  3  Night In Tunisia
 4  Nobody's Heart  4  Four
 5  I Should Care  5  Early Autumn
 6  The House Is Haunted  6  Four Brothers
 7  Blues In The Night  7  Sing ,Sing,Sing
 8  I Don't Want To Cry Anynore  8  My Funny Valentine
 9  Where Can I Go Without You  9  Frenesi
 10  How Old She Look  10  Body And Soul
 11  'Round Midnight  11  What's Your Story, Morning Glory
 12  I'm Gonna Laugh You Right Out Of My Life  12  Peanut Vender
 13  At The Crossroads  13  Thanks For The Memory
 14  Frenesi  14  It Shouldn't Happen To A Dream
 15  Adios  15  Just In Time
 16  Baia  16  Under The Branket Of Blue
 17  Six Lessons From Madame La Zonga  17  That's Your Red Wagon
 18  Rosita  18  Peel Me A Grape


メル・トーメ(vo)も何枚かの代表作を聴いただけでほとんど知らなかったです。
多くの男性ヴォーカリストのようにポピュラーとジャズの中間を行くと思っていました。
ベルベット・ヴォイスと言われるやわらかくあたたかい歌声の持ち主だしね。
作編曲者としても知られていて「ザ・クリスマス・ソング」という大ヒット曲も持っている。
ところが今回まとめて聴いてみて新しい発見がありました。
ジャズへの矜持が強く、意外に硬派で本格的なジャズ・ヴォーカリストだと知りました。

今作には1955〜1960年収録のアルバム6枚が入っています。
*It's A Blue World(1955)
*Mel Torme & The Marty Paith Dek-Tette(1955)
*Mel Torme sings Fred Astaire(1956)
*Torme(1958)
*Ole Torme(1959)
*Swingin' On The Moon(1960)
この中ではイラスト・ジャケの「Dek-Tette(1955)」が知られていると思います。
私でさえもLPを持ってるほどです。

(中間系)



(1) ANITA O' DAY / FOUR CLASSIC ALBUMS PLUS


anita o' day(vo),
billy may orchestra, three sounds, marty paich's orchestra,
cal tjader(vib), etc
2014(1958-62rec)/Avid Entertainment/



   Disk 1    Disk 2
 1  Johnny One Note  1  Take The "A "Train
 2  Little Girl Blues  2  Tenderly
 3  Falling In Love With Love  3  Night In Tunisia
 4  Bewitched  4  Four
 5  I Could Write A Book  5  Early Autumn
 6  Have You Met Miss Jones ?  6  Four Brothers
 7  Lover  7  Sing ,Sing,Sing
 8  It Never Entered My Mind  8  My Funny Valentine
 9  Ten Cents A Dance  9  Frenesi
 10  I've Got Five Dollars  10  Body And Soul
 11  To Keep My love Alive  11  What's Your Story, Morning Glory
 12  Spring Is Here  12  Peanut Vender
 13  When The World Was Young  13  Thanks For The Memory
 14  Someday My Prince Will Come  14  It Shouldn't Happen To A Dream
 15  All Too Soon  15  Just In Time
 16  My Heart Stood Still  16  Under The Branket Of Blue
 17  My Ship  17  That's Your Red Wagon
 18  Leave It To Me  18  Peel Me A Grape
 19  Whisper Not  19  An Occasional Man
 20  Blues By Five  20  The Party's Overl
 21  Fly Me To The Moon  21  I Believe In You
 22  You And The Night And The Music  22  Mr.Sandman
   1940s Singles  23  Spring Will Be A Little Late The Year
 23  And Her Tears Flowed Like Wine  24  I'm Not Supposed To Be Blue Blues
 24  How Come ?    1940s Singles
 25  Skylark  25  Let Me Off Uptown
 26  Thanks For The Boogie Ride  26  Opus No.1
     27  Boogie Blues


アニタ・オデイ(vo)をもっと聴いてみたいと思いました。
1958〜1962年収録のアルバム4枚と1940年代収録のシングル7曲です。
*Anita O'Day & Billy Mey / Swing Rodgers & Hart
*Anita O'Day & The Three Sounds
*Anita O'Day Sings The Winners
*Time For Two Anita O'Day & Cal Tjader
この中ではスリー・サウンズ(grp)とカル・ジェイダー(vib)との共演盤が面白かったです。
特にジェイダーとのラテンものに興味を惹かれました。
徳用盤ではあるけれどやっぱり一度に聴けるのは便利だと思います。

(中間系)