トップページ」 「最近購入したアルバム」 「今週のジャケット
 


Dragon's Jazz Corner

最近の愛聴盤

くつろぎ系 初心者の人や、疲れ気味の人におすすめです。
まじめ系 ジャズをしっかりと聴きたい人におすすめです。
中間系 そのどちらでもない人とそのどちらかの人向きです。


注: ここで言う愛聴盤とは私が寝る前によく聴くアルバムです。

10枚限定です。


(10) PERICO SAMBEAT QUARTET / ATLANTIS


perico sambeat(as,fl),
fabian almazan(p), pablo menares(b), rodrigo recabarren(ds)
2022/Nuba/



 1  Somnis (P.Sambeat)
 2  Joe (P.Sambeat)
 3  El Rastro De Hiva (P.Sambeat)
 4  Leviatan (P.Sambeat)
 5  Forlane (M.Ravel)
 6  Alisios (P.Sambeat)
 7  Rabbit Dust (P.Sambeat)
 8  Lem (P.Menares)


もう随分と前になるけどぺリコ・サンビエト(as)はスペインの大注目株でした。
今を時めくブラッド・メルドー(p)やカート・ローゼンウィンケル(g)と肩を並べていました。
サンビエトが初来日した時には池田篤(as)さんとの共演ライブを見に行きました。
あれから早20年が経ったか?・・・どう熟成したか?・・・久し振りに聴いてみたくなりました。

全8曲は自身のオリジナル6曲とその他2曲の構成です。
やはりスペインの鬼才と言われたぺリコはひと味違う演奏を聴かせてくれました。
まずはアルト・サックスの切なげな音色がいいです。
ルーツは誰でしょうね?
ポール・デスモンド(as)~チャーリー・マリアーノ(as)のウエスト・コースト系にあるか。
湧き出でるアイデアとよどみないフレーズはとどまることを知らず素晴しいと思います。
共演者も実力者揃いでバランスもいいです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(9) GRANT STEWART QUINTET / THE LIGHTING OF THE LAMPS


grant stewart(ts), bruce harris(tp),
tardo hammer(p), david wong(b), phil stewart(ds)
2022/Cellar 20/



 1  Little Spain (C.Jordan)
 2  A Piece Of Art (G.Stewart)
 3  Ghost Of A Chance (V.Young)
 4  Out Of The Past (B.Golson)
 5  Mo Is On (E.Hope)
 6  I'm A Fool To Want You (J.Wolf/J.herron)
 7  Bearcat (C.Jordan)
 8  Bitty Ditty (T.Jones)


CDショップでグラント・スチュワート(ts)の名前を久し振りに見ました。
王道のトランペットとテナーのフロント2管だし、聴いてみようかと思いました。
ここはクリフォード・ジョーダン(ts)の2曲が目に留まりました。
ジョーダンは1950年代後期のブルーノートの看板サックス奏者の一人でした。
でも地味なプレイヤーなので彼の曲を取り上げる人はほとんどいません。
スチュワートの目の付けどころが面白いです。
ちょっとゆるめのオーソドックスなハードバップ・ジャズが聴けました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(8) TOMASZ DABROWSKI SEPTET / THE INDIVIDUAL BEINGS


tomasz dabrowski(tp),
fredrik lundin(ts), irek wojtczak(ts,ss), grzegorz tarwid(p,key),
max mucha(b), knut finsrud(ds), jan emil mtynarski(ds)
2022/April Records/



 1  JR
 2  Old Habits
 3  In Transit
 4  Sandy
 5  Troll
 6  Queen Of Mondays
 7  Short Gesture
 8  Spurs Of Luck


ポーランド・ジャズも久し振りだと思って手が伸びました。
聴いてみるとフリー系だったのでだいぶイメージが違ってしまいました。
今までのポーランド・ジャズはストレートでオーソドックスだったから。

全8曲は全てリーダーのトーマス・ダブロウスキー(tp)のオリジナルです。
ドラムスが2台というのが新味だけどそれほど目立っているわけではありません。
ポーランドのコンテンポラリー・ジャズの一端を垣間見ることが出来ました。
単純にむずかしかったです。
聴いていてしっくりこない、私にはどうにも乗れなかったです。

(まじめ系)



(7) THOMAS LINGER QUARTET / OUT IN IT


thomas linger(p),
peter bernstein(g), yasushi nakamura(b), joe farnsworth(ds)
2022/Cellar Music/



 1  Can't Say It
 2  Night Ride
 3  Mercurial Bebemoth
 4  Incantation
 5  A Lovely Encounter
 6  Out In It
 7  Linger's Lament
 8  Crystal Cave
 9  Lash Life (B.Strayhorn)
 10  Woofin' And Tweetin' (A.Farmer)


トーマス・リンガー(p)の今作は思いのほか良かったです。
何というのかな、ホッとしました。
ハードバップではあるけれどやわらかなビートで安心感がありました。
多分ピアノ・トリオだと物足りないのでピーター・バーンステイン(g)の存在が大きいです。
中村恭士(b)さんとジョー・ファーンズワーズ(ds)のリズムもピッタリの感じがします。
それにしても近年の中村さんの活躍は凄いです。

全10曲は自身のオリジナル8曲とその他2曲の構成です。
ビリー・ストレイホーンの(9)「Lush Life」はピアノ・ソロで演奏されています。
アート・ファーマー(tp)の(10)「Woofin' And Tweetin'」は珍しいけどこだわりかな。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(6) DOUG WEBB QUINTET / THE MESSAGE


doug webb(ts), greg osby(as),
bob reynold(ts), brian charette(org), charles ruggiero(b)
2022/Posi-Tone/



 1  Caught In The Webb (D.Webb)
 2  Nekide (G.Osby)
 3  The Message (S.Huffsteter)
 4  I Was Doing Alright (G.Gershwin)
 5  Frustration (B.Reynolds)
 6  Doug's Dilemma (R.Aldcroft)
 7  Keeping Up With The Joneses (R.Aldcroft)
 8  New Begining (R.Aldcroft)
 9  Baubles, Bangles & Beads (G.Forrest/R.Wright)
 10  Where Did You Come From ? (B.Reynolds)
 11 Bonnie Lass (B.Charette)


ここはメンバーの面白さに惹かれました。
グレグ・オズビー(as)、ボブ・レイノルズ(ts)、ブライアン・チャレット(org)の共演です。
リーダーのダグ・ウエッブ(ts)の繋がりでしょうが組み合わせがちょっと異質な感じがしました。
テナーが2本入るということもあります。

全11曲はメンバーのオリジナル5曲とその他6曲の構成です。
目玉は明らかにアヴァンギャルドな雰囲気を持つグレグ・オズビーだと思います。
ここにオズビーが入ってどんな演奏をするのか?が興味深いです。
やはりオズビーが一風変わっていてメンバーに程良い緊張感を与えています。
聴きどころはそのオズビーのオリジナルの(2)「Nekide」になりました。
全体を通してチャレットのグルービーなオルガンも良かったです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(5) ELLIOTT HENSHAW QUINTET / WHO'D HAVE GUEST ?


elliott henshaw(ds,per), andrew mckinney(b), matt steele(key),
james pusey(g), simon willescroft(sax),

special guest & additional musicians
dave weckl(ds)(11), sssimon goulding(b)(11), gwilym simcock(p)(3),
richard beadle(p)(8), chris traves(org)(6,7)(tb,per)(1,3,4,5,7),
john wheatcrofft(g)(1), mike outram(g)(6), tommy emmerton(g)(7),
simon lind(g)(9), mark cox(g)(10), miramda wilford(vo)(4),
noel sullivan(vo)(7), tom walsh(tp)(1,3,4,5,7), bryan corbett(tp)(2),
bob mintzer(sax)(1), simon niblock(sax)(1,3,4,5,7), fiona asbury(sax)(5),
sammy mayne(sax)(5), chris aldridge(sax)(1,3,5), and strings
2021/Ubuntu Music/



 1  Tes And Toast (E.Henshaw)
 2  Direct Input (J.Pusey)
 3  Along Came Milly (E.Henshaw)
 4  Monte Carlo (M.Wilford/A.Amejeiras)
 5  JP (E.Henshaw)
 6  Hiding To Nothing (J.Pusey)
 7  Faithless (N.Sullivan)
 8  You Are (E.Henshaw)
 9  Tring Too Hard (E.Henshaw)
 10  Red Beret (A.Scott)
 11  Scotty The Brave (A.Scott)


エリオット・ヘンショー(ds)のリーダー作を買ったのは初めてです。
ジャケットを見た時、ディヴ・ウェックル(ds)とボブ・ミンツァー(ts)の名前が気になりました。
共に1曲づつの参加なので正直「客寄せにやられたかなぁ~」と思いました。
でもね、内容は悪くなかったです。

全11曲は自身のオリジナル5曲とメンバー2曲、その他4曲の構成です。
ノリが良く典型的なフュージョン・サウンドで気持良かったです。
久し振りにこういうサウンドを聴いたけど何だかホッとしました。
いつでもジャズは現在進行形なので色んな方向性があってそれでいいです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(4) JASON PALMER QUARTET / CON ALMA


jason palmer(tp),
leo genovese(p,rhodes), joe martin(b), kendrick scott(ds)
2022/SteepleChase/



 1  Moonlight Becomes You (J.V.Heusen)
 2  Old Folks (W.Robinson)
 3  Con Alma (D.Gillespie)
 4  Miracles (J.Palmer)
 5  You Know I Care (D.Peason)
 6  Black Beauty (J.Palmer)
 7  Nefertiti (W.Shorter)
 8  Raise The Love Ceiling (J.Palmer)
 9  Fair Weather (K.Dorham)
 10  Nameless (J.Palmer)
 11  Easy Living (R.Rainger)
 12  It's A Brand New Day (J.Palmer)


ジェイソン・パルマー(tp)のリーダー作を買ったのは初めてです。
ここはオリジナル以外のジャズ・スタンダードに惹かれました。
トランぺッターとしては特にケニー・ドーハムやディジー・ガレスピーの作品を聴きたかったです。

全12曲は自身のオリジナル5曲とその他7曲の構成です。
ジャズ曲のデューク・ピアソン(p)とウエイン・ショーター(ts)には多分作曲者として影響があります。
その他スタンダード3曲のバランスも良いです。
パルマーのトランペットは爽やかでクリアな音色でテクニックも確かです。
反面優等生過ぎるとの評価もあるかもしれませんね。
オリジナルではストレートで明るい(12)「It’s A Brand New Day」が良かったです。
スタンダードでは(2)「Old Folks」が聴きどころになりました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(3) MIQUEL ALVAREZ GROUP / MIRTINETTE A TRANE


miquel alvarez(b),
perico sambeat(as,ss), albert sanz(p), sergio artines(cajon,per),
andreu pitarch(ds), rafael vargas "el chino"(vo,palmas),
javier vercher(ts)(7,9), juan antonio jimenez(palmas,jaleos)
2022/Fresh Sound New Talent/



 1  Intro
 2  Tangos De La Distancia
 3  Tanguillos D'el Verger
 4  El Palomo
 5  Blau Cel
 6  Tientos Del Olvido
 7  Blueria Del Devorallibres
 8  Martinete A Trane
 9  El Apagon
 10  Salvadora La De Palo


ミクエル・アルヴァレス(b)は初見、ここはメンバーに惹かれました。
もう随分と前になるけどぺリコ・サンビエト(as)とアルベルト・サンズ(p)はスペインの注目株でした。
サンビエトが初来日した時には池田篤(as)さんとの共演ライブを見に行きました。
あれから早20年が経ったか?・・・どう熟成したか?・・・久し振りに聴いてみたくなりました。

全10曲は全てアルヴァレスのオリジナルで占められています。
ここで最大の聴きどころはスペインの伝統的なリズムにあります。
カホンやパルマス、ジャレオスというリズム楽器を使ったパーカッション・サウンドが魅力です。
所々でヴォーカルも組み合わせていますがこれが民族音楽的効果を上げています。
アルバム構成に流れがあって秀逸・・・音作りが中々面白かったです。
やはりサンビエトとサンズの演奏は素晴しくて表現力がグンと増していました。
ただ収録時間73分はさすがにちょっと長いかと感じました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(2) AARON SEEBER QUINTET / FIRST MOVE


warren wolf(vib), tim green(as),
sullivan fortner(p), ugonna okegwo(b), aaron seeber(ds)
2022/Cellar/



 1  Brandyn (A.Foster)
 2  Out Of The Past (B.Golson)
 3  Eleventh Hour (M.Miller)
 4  Duke Ellington's Sound Of Love (C.Mingus)
 5  First Move (A.Seeber)
 6  Unconditional Love (G.Allen)
 7  Fire Waltz (M.Waldron)
 8  Klactoveedsedstene (C.Parker)


今作はウォーレン・ウルフ(vib)が聴きたくて手が伸びました。
アーロン・シーバー(ds)は初見、今作は思ったりずっと良かったです。
新人のミュージシャンをベテランが支えて盛り上げるというよくあるパターンです。

全8曲は自身のオリジナル1曲とその他7曲の構成です。
まずは新人の嗜好を選曲から探ってみると最初にアル・フォスター(ds)が出て来ました。
これは珍しいかな、なるほどフォスターを目指しているんだと思いました。
選曲は1960~80年代のモダンジャズ曲が中心でスタンダードがないのが特徴的です。
やはりここはメンバーに恵まれたと思います。
特にウォーレン・ウルフ(vib)とサリヴァン・フォートナー(p)が聴きどころになりました。
ティム・グリーン(as)とウゴンナ・オケグォ(b)も好演しています。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(1) ANDREA MOTIS / COLORS & SHADOWS
With WDR Big Band


andrea motis(tp,vo),
michael p mossman(leader,tp),
WDR big band
2021/Jazzline/



 1  I Didn't Tell Them Why (A.Motis)
 2  Tabacaria (J.M.Sanque/F.Peossa)
 3  Senor Blues (H.Silver)
 4  Brisa (A.Motis/S.Karkowski)
 5  Sense Pressa (A.Motis
 6  Iracema (A.Barbosa)
 7  Sombra De La (A.Motis/S.Karkowski)
 8  Save The Orangutan (A.Motis)
 9  If You Give Them More (.Motis)
 10  Motis Operandi (M.Mossman)


スペイン出身のアンドレア・モティス(tp,vo)とドイツのWDRビック・バンドの共演盤です。
今やWDRビック・バンドとの共演はミュージシャンにとってステイタスになりつつあります。
多くのジャズメンがWDRと共演しています。
やはりクラシックに培われた土地柄、それほどに上品で熟成されたアンサンブルが素晴しいです。
聴けば一目瞭然ですがアメリカのビック・バンドでは出せない味です。

モティスには21歳時の作品を聴いてから注目していました。
モティスのデビューは17歳でこの時は師匠格のジョアン・チャモロ(b.sax)との双頭名義でした。
特にヴォーカルが好みで可愛らしい声質や歌唱法が気に入っています。
ずっと以前どこかで聴いたことがある歌い方だと思っていたけどようやく気付きました。
アメリカやフランスで活躍したピアニスト&ヴォーカリストのブロッサム・ディアリーでした。

ここでの音楽監督はトランぺッターのマイケル・モスマンです。
収録曲には以前のアルバムで聴いたことがある曲も入っています。
思うにやり慣れた曲じゃないとちょっと厳しいと思ったのも事実でしょうね。
モティスはビック・バンドをバックに堂々と演奏して歌っています。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)