トップページ」 「最近購入したアルバム」 「今週のジャケット
 


Dragon's Jazz Corner

最近の愛聴盤

くつろぎ系 初心者の人や、疲れ気味の人におすすめです。
まじめ系 ジャズをしっかりと聴きたい人におすすめです。
中間系 そのどちらでもない人とそのどちらかの人向きです。


注: ここで言う愛聴盤とは私が寝る前によく聴くアルバムです。

10枚限定です。


(10) LINUS EPPINGER QUARTET / LEANING IN


linus eppinger(g),
nicolai daneck(p), doug weiss(b), jorge rossy(ds)
2022/Fresh Sound/



 1  Chippin' With Bill (L.Eppinger)
 2  Deedy Dede (L.Eppinger)
 3  You'll Never Know (L.Eppinger)
 4  On The Street Where You Live (F.Loewe)
 5  King Samuel 2 (L.Eppinger)
 6  Quiet - Lee (L.Eppinger)
 7  I Wish You Love (L.Chauliac)
 8  Sitting On The Top Of The World (W.Vinson)


ギタリストのリナス・エッピンガーは初見です。
アメリカのロサンジェルス出身の27歳、今作が初リーダー・アルバムになります。
やっぱりウエスト・コースト出身ということで音色は明るくてクリアです。
ピアノのニコライ・ダネックはドイツ出身の若手です。
ベテランのダグ・ウェイス(b)とジョージ・ロッシィ(ds)の名手2人が脇を固める。
つまり申し分のない組み合わせと言えますね。
ちなみにCDジャケットが豪華なのは何か理由があるのかな?。
コーティングがされていて高品質の仕上がりになっています。

全8曲は自身のオリジナル5曲とその他3曲の構成でバランスはいいです。
技量的にはまったく問題ありません、メチャ上手いと思います。
オーソドックスなスタイルでスイング感に溢れ切れ味があり音がとても綺麗です。
刺激はないけど抜群の安定感があります。
ウェス・モンゴメリー(g)とバーニー・ケッセル(g)の混合型になるかな。
また期待のギタリストが現れたという感じですね。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(9) ERIC JACOBSON QUINTET / DISCOVER


eric jacobson(tp), geof bradfield(ts),
bruce barth(p), dennis carroll(b), george fludas(ds)
2022/Origin/



 1  New Combinations (E.Jacobson)
 2  Discover (E.Jacobson)
 3  I Hear A Rhapsody (G.Fragos)
 4  The Unknown (E.Jacobson)
 5  Sir John (B.Mitchell)
 6  Con Alma (D.Gillespie)
 7  One Way (E.Jacobson)
 8  Old Folks (W.Robison)


エリック・ヤコブソン(tp))は初見です。
今作はトランペットとテナー・サックスのフロント2管の王道クインテットに惹かれました。
知っている名前はピアノのブルース・バースだけでした。

全8曲は自身のオリジナル4曲とその他4曲の構成です。
トランぺッターでディジー・ガレスピーはともかくブルー・ミッチェルを取り上げるのは珍しい。
内容は至極オーソドックスなハード・バップ・ジャズで聴き易いです。
力が抜けたリラックスした演奏で実にクールな印象を持ちました。
先週の作品もそうだったけどコーヒー・タイムのBGMで流すにはピッタリだと思います。
何の変哲もないアルバムだけど癒されるのが最大の魅力です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(8) FRANCESCO MARZIANI TRIO / CHANGING MY LIFE


francesco marziani(p), marco de tilla(b), massimo del pezzo(ds),
giulio martino(ts), flavio dapiran(tp)
2020/Creusarte/



 1  Changing My Life (F.Marziani)
 2  Song For Tony (F.Marziani)
 3  With Love From Napoli (F.Marziani)
 4  In Your Sweet Way (D.Brubeck)
 5  Sometime Ago (S.Mihanovich)
 6  Autumn Drops (F.Marziani)
 7  Black Nile (W.Shorter)
 8  Intermezzo 2 Op.118 (J.Brahms)
 9  Things Ain't What They Used To Be (D.Ellington)


フランチェスコ・マルジアーニ(p)は初見、イタリア盤です。
今作は何となくジャケット写真に惹かれました。
真面目そうというか、カッチリとした感じが良かった。

全9曲は自身のオリジナル4曲とその他5曲の構成です。
まずは収録曲から探ってみましょう。
デイヴ・ブルーベックとセルジオ・ミハノヴィッチとデューク・エリントンのピアニストが3曲。
ウェイン・ショーター(ts)のジャズとヨハネス・ブラームスのクラシックからの2曲が入った。
ここいら辺がマルジアーニのルーツのようですね。
どの曲もメロディ・ラインが美しくて印象的なテーマを持っているのが特徴です。
内容は清々とした流れを感じさせそれぞれに硬質でカッチリと演奏されています。
トリオ演奏が1,3,5,8,9の5曲とホーンが加わる2,4,6,7の4曲のバランスも良かった。
内容も構成も良くて掘り出し物の一枚になりました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(7) TERRI LYNE CARRINGTON QUINTET / NEW STANDARDS Vol.1


terri lyne carrington(ds), kris davis(p), linda may han oh(b),
nicholas payton(tp), matthew stevens(g)
special guest
ambrose akinmueire(tp), melanie charles(vo), ravi coltrane(ts),
val jeanty(electronics), samara joy(vo), julian lage(g), michael mayo(vo),
elena pinderhughes(fl), dianne reeves(vo), negah santos(per,vo), somi(vo)
2022/Candid/



 1  Wind Flower (Sara Cassey)
 2  Circling (Gretchen Parlato)
 3  Uplifted Heart (Shamie Royston)
 4  Moment (Eliane Elias)
 5  Comtinantal Cliff (Patricia Perez)
 6  Throw It Away (Abbey Lincoln)
 7  Respected Destroyer (Brandee Younger)
 8  Two Hearts (Carla Bley)
 9  UnChanged (Marta Sanchez)
 10  Ima (Anat Cohen)
 11  Rounds (Marilin Crispell)


テリ・リン・キャリントン(ds)のリーダー作を買ったのは初めてです。
もちろん女性ドラマーとしての知名度は高いです。
最初に注目したのはウェイン・ショーター(ts)のアルバムだったと思います。
今作はニュー・スタンダード集と銘打って女性の作品を集めたところに興味を惹かれました。
いかにも有りそうな企画ではあるけれど私は今まで聴いたことはなかった。

全11曲の作者は全て女性ですが知った人より知らない人の方が多かったです。
ライブでのお気に入りにアビー・リンカーン(vo)の(6)「Throw It Away」がありました。
中々に良い曲なのでこれがニュー・スタンダードに入っていたのは嬉しかったです。
ゲスト陣も豪華で新感覚ジャズのサウンドが聴けたのは良かったです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(6) ELI DEGIBRI QUARTET / HENRI AND RACHEL


eli degibri(ts,ss),
tom oren(p), alon near(b), eviatar sslivnik(ds)
2020/Degibri/



 1  Henri And Rachel
 2  Gargamel
 3  Like Someone In Love (J.V.Heusen)
 4  Longing
 5  Noa
 6  The Wedding
 7  Don Quixote
 8  Ziv
 9  Preaching To The Choir
 10  Henri And Rachel (Duo Version)


イスラエルを代表するサックス奏者エリ・デジブリの作品です。
最愛の両親に捧げた作品になっています。
デジブリは気鋭のサックス奏者であり彼を見出したのはハービー・ハンコック(p)です。

全9曲は1曲を除いて全て自身のオリジナルです。
新感覚ジャズと共に美しいメロディ・ラインが聴きどころになります。
特にアップテンポで演奏される(4)「Longing」の展開が素晴しいです。
ピアノのトム・オレンにも注目しました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(5) POL OMEDES SEXTET / iPURA VIDA!


pol omedes(tp,vo), pau vidal(ts,fl),
xavi torres(p), giuseppe campisi(b), xoen sanchez(per),
joan casares(ds)
2022/The Changes/



 1  iPura Vida !
 2  My First Time In New York
 3  Desconfination
 4  Abrazos
 5  Feu-Me Cas !
 6  Stablemates (B.Golson)
 7  After Gorge Floyd
 8  Impro 4A (H.Siempre)
 9  Naima (J.Coltrane)
 10  High Fly (R.Weston)


スペイン出身のトランぺッター、ポル・オメデスの作品です。
これは良いですよ。
アフロ・キューバン・ジャズのリズムがスーッと耳に入ってきました。
1960年代前後のラテン・ジャズの雰囲気があって馴染みがある感じがたまらないです。
それもそのはずでケニー・ドーハム(tp)の名盤「アフロ・キューバン」を目指したとありました。

全10曲は自身のオリジナル6曲とその他4曲の構成でバランスもいいです。
ベニー・ゴルソン(ts)の「Stablemates」やジョン・コルトレーン(ts)の「Naima}、
ランディ・ウェストン(p)の「High Fly」なんかも嬉しいじゃありませんか。
楽しく聴けるラテン・ジャズでお勧めです。
なんか最近、こういう明るく楽しいジャズは聴いてなかった気がする。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(4) JAKOB DINESEN QUARTET / UNCONDITIONAL LOVE


jakob dinesen(ts),
jacob artved(g), felix moseholm(b), jeff"tein"watts(ds)
2022/Stunt/



 1  Say
 2  Unconditional Love (G.Allen)
 3  Bahoup
 4  Jaden's Jam
 5  Here Comes Marvin
 6  Pharoah
 7  Melancholia (D.Ellington)
 8  Yahya
 9  Tyk Onsdag


デンマークを代表するテナー奏者、ヤコブ・ディネセンの作品です。
2003年のカート・ローゼンウィンケル(g)との共演盤はベスト3に上げました。
もう20年も前になるけど月日が経つのは本当に早いです。

全9曲は2曲を除いて自身のオリジナルです。
表題曲の「Unconditional Love」は早世したジェリ・アレン(p)の作品。
ディネセンのルーツはジョン・コルトレーン~ウェイン・ショーターにあります。
(6)「Pharoah」は明らかにファラオ・サンダース(ts)を指した作品でしょうね。
ファラオが亡くなったのは今年の9月なので何か感じるものがあったのかな。
ディネセンの音楽にはある種の緊張感が伴います。
でもそれは決して不快なものではなくて心の奥に触れてくる感じがします。
実にクールな感覚です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(3) CHRIS ROTTMAYER TRIO & QUARTET / SUNDAY AT PILARS


chris rottmayer(p), charlie silva(b), walt hubbard(ds),
jack wilkins(ts)(1,2,4)
2019/Pilars/



 1  Meteor
 2  Weaver Of Dreams
 3  Skylark
 4  Mamacita
 5  My Foolish Heart
 6  Emily
 7  The More I See You
 8  Nostalgia In Times Square
 9  Trocadero
 10  Waltz For Julia
 11  Cherokee
 12  Break Blues For Pilar


クリス・ロットメイヤー(p)は初見、フロリダ州オーランドで活躍しているようです。
全12曲の作曲者はクレジットされていませんでした。
スタンダード作品集なので知らない曲は本人の作品ということだと思います。
オーソドックスなスイング系ピアニストなので聴き易いです。
ただジャック・ウィルキンスのテナー・サックスが入るカルテットは3曲(1,2,4)だけです。
あとはピアノ・トリオの演奏なのでちょっと物足りなく感じました。
録音にこだわりがあるようで2本のアナログテープを使用してミキシングしたそうです。

(中間系)



(2) PERICO SAMBEAT QUARTET / ATLANTIS


perico sambeat(as,fl),
fabian almazan(p), pablo menares(b), rodrigo recabarren(ds)
2022/Nuba/



 1  Somnis (P.Sambeat)
 2  Joe (P.Sambeat)
 3  El Rastro De Hiva (P.Sambeat)
 4  Leviatan (P.Sambeat)
 5  Forlane (M.Ravel)
 6  Alisios (P.Sambeat)
 7  Rabbit Dust (P.Sambeat)
 8  Lem (P.Menares)


もう随分と前になるけどぺリコ・サンビエト(as)はスペインの大注目株でした。
今を時めくブラッド・メルドー(p)やカート・ローゼンウィンケル(g)と肩を並べていました。
サンビエトが初来日した時には池田篤(as)さんとの共演ライブを見に行きました。
あれから早20年が経ったか?・・・どう熟成したか?・・・久し振りに聴いてみたくなりました。

全8曲は自身のオリジナル6曲とその他2曲の構成です。
やはりスペインの鬼才と言われたぺリコはひと味違う演奏を聴かせてくれました。
まずはアルト・サックスの切なげな音色がいいです。
ルーツは誰でしょうね?
ポール・デスモンド(as)~チャーリー・マリアーノ(as)のウエスト・コースト系にあるか。
湧き出でるアイデアとよどみないフレーズはとどまることを知らず素晴しいと思います。
共演者も実力者揃いでバランスもいいです。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)



(1) GRANT STEWART QUINTET / THE LIGHTING OF THE LAMPS


grant stewart(ts), bruce harris(tp),
tardo hammer(p), david wong(b), phil stewart(ds)
2022/Cellar 20/



 1  Little Spain (C.Jordan)
 2  A Piece Of Art (G.Stewart)
 3  Ghost Of A Chance (V.Young)
 4  Out Of The Past (B.Golson)
 5  Mo Is On (E.Hope)
 6  I'm A Fool To Want You (J.Wolf/J.herron)
 7  Bearcat (C.Jordan)
 8  Bitty Ditty (T.Jones)


CDショップでグラント・スチュワート(ts)の名前を久し振りに見ました。
王道のトランペットとテナーのフロント2管だし、聴いてみようかと思いました。
ここはクリフォード・ジョーダン(ts)の2曲が目に留まりました。
ジョーダンは1950年代後期のブルーノートの看板サックス奏者の一人でした。
でも地味なプレイヤーなので彼の曲を取り上げる人はほとんどいません。
スチュワートの目の付けどころが面白いです。
ちょっとゆるめのオーソドックスなハードバップ・ジャズが聴けました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)