[トップページ]



Dragon's Jazz Corner

Tony Bennett (vo)


* TONY BENNETT & DIANA KRALL / LOVE IS HERE TO STAY
tony bennett(vo), diana krall(vo),
bill charlap(p), peter washington(b), kenny washington(ds), etc
2018/Verve/

1 'S Wonderful
2 My One And Only
3 But Not For Me
4 Nice Work If You Can Get It
5 Love Is Here To Stay
6 I Got Rhythm
7 Somebody Loves Me
8 Do It Again
9 I've Got A Crush On You
10 Fascinating Rhythm
11 They Can't Take That Away From Me
12 Who Cares ?


トニー・ベネット(vo)とダイアナ・クラール(vo,p)のデュオはガーシュイン兄弟の作品集です。
驚いたのはベネットが90歳を超えていることです。
男性の90歳を超えたヴォーカリストのレコーディングなんて聞いたことがありません。
ピアニストならハンク・ジョーンズとジョン・ルイスがいるけど管楽器奏者では知らないもの。
ジャケットを見てもとてもそんな年には見えませんね。
今作のプロデュースとアレンジはピアニストとして共演しているビル・チャーラップです。
疑問が一つ残りました・・・ここで大活躍しているテナー奏者の名前が見当たりません。
いったい誰なのか?気になります。

ベネットは圧倒的な声量を誇っていた「濃いヴォーカリスト」で若い頃の私はその良さが分からなかった。
対照的に好きだったフランク・シナトラは薄味でポップス色も強かったです。
シナトラが唯一上手いと褒めた相手がベネットだったという話はよく知られています。
多分、まったく持ち味が違ったのでそう言ったんだと思うけど・・・シナトラが褒めるわけがない。

ベネットとクラールは似た者同士かな、声質が似ていて私の二人の印象は「濃い」です。
多分、クラールがベネットの歌が大好きで大きな影響を受けたと思います。
二人のデュオに違和感がなくて男女をあまり感じさせないのは好みが分かれるかも知れませんね。
たださすがにベネットには年を感じるのでクラールが懸命に補佐している形になっています。
「いたわり」ですね。
トータル36分・・・1曲づつが短くベネットに対し凄い気遣いを感じさせる作品です。
それでもなおベネットが今年92歳という年齢を考えると驚異的な歌唱力だと言えます。

私は基本的にベネットはデュオには向かない歌手だと思っていました。
他者とは一線を画す「ワン・アンド・オンリー」の世界を持っていたから。
でも年と共に丸くなって大御所なので相手から望まれることが多くなってきたと思います。
デュオ向きナンバー・ワンの男性歌手はアンディ・ウィリアムスで決まりじゃないかな。

(くつろぎ系)




*TONY BENNETT / SINGS ELLINGTON / HOT & COOL
tony bennett(vo), ralph sharon(p), clayton cameron(b),
paul langosch(ds), gray sargent(g),wynton marsalis(tp),
al grey(tb), joel smirnoff(vln)
1999/Sony

スイングしなけりゃ、意味ないよ。
円熟のトニー・ベネットがデューク・エリントン・ナンバーを歌う。
これぞ、ジャズ・ボーカルの真髄。
(帯中よりの抜粋)




*TONY BENNETT / THE ESSENTIAL TONY BENNETT
tony bennett(vo)
1998/Sony/

デビューから50年。
天性の歌声で世界中のファンを魅了するエンターテイナー。
その輝かしいキャリアの全てを収録したベスト盤。
「霧のサンフランシスコ」「ムーングロウ」「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」
「いそしぎ」他全20曲。
(帯中からの抜粋)

ヴォーカルのベスト盤は便利なので時々買います。
トニー・ベネットの名唱がほぼ網羅されています。




*TONY BENNETT / TONY BENNETT ON HOLIDAY
tony bennett(vo)
billy holiday(vo)(19)
Strings arranged and conducted by jorge calandrelli
1997/Sony Music/

CDの整理中にふと目にとまった一枚です。
トニー・ベネット(vo)がビリー・ホリディ(vo)に捧げたアルバムです。
全19曲はよく知られたスタンダード作品集。

思うにトニー・ベネットの良さが分かるまでに時間がかかりました。
フランク・シナトラが好きだったので対照的な歌唱法に馴染めなかったんです。
俗にいう「濃い〜」感じがしました。
大ヒット曲の「思い出のサンフランシスコ」もポピュラーとしては重かったし・・・。
その評価を一変させたのが1973年に出た「The Rodgers and Hart Songbook」でした。
ルビー・ブラフ&ジョージ・バーンズ・カルテットとの共演盤です。
この中の「ブルー・ムーン」が素晴らしかった。
当時にしては珍しいバース(前奏)から歌い上げたものでガツンときました。
私がまだ若かったせいもあるけれど、ベネットの歌は大人の味がします。
もちろん今は「文句なしにいい」と思います。
ちなみにシナトラがただ一人絶賛した歌手がベネットだったという話を聞いたことがあります。

今作も思い入れを抑えて軽く歌っているのがいいです。
基本的にベネットは軽い方が好き・・・それでも歌のシブさが十分に伝わってきました。
(19)「GOD BLESS THE CHILD」では多重録音でホリディと共演・・・息もピッタリです。

(くつろぎ系)