[トップページ]



Dragon's Jazz Corner

Mel Torme (vo)


*MEL TORME / SUNDAY IN NEW YORK
mel torme(vo), etc
1964(Rec)/Atlantic/

1 Sunday In New York
2 Autumn In New York
3 Lullaby Of Birdland
4 Broadway
5 The Brooklin Bridge
6 Let Me Off Uptown
7 42 Street
8 Sidewalks Of New York
9 Harlem Nocturne
10 New York, New York
11 There's A Broken Heart For Every Light On Broadway
12 Manhattan
13 My Time For Day


ジャズ再発廉価版シリーズの1枚です。
男性ジャズ・ヴォーカルを語る上でメル・トーメも外せませんね。
メル・トーメはルイ・アームストロング、ナット・キング・コール、
フランク・シナトラ、トニー・ベネットと共に5本の指に入ると思っています。
「クリスマス・ソング」や「ボーン・トゥ・ビー・ブルー」などの大ヒット曲も作っています。

とはいうものの私の持っているLPは「カミング・ホーム・ベイビー」とマーティ・ペイチとの3枚ほどです。
これだけの歌手なのにほとんど聴いていなかった。

メル・トーメは粋でスマートなヴォーカル唱法を確立した名手といえるでしょうね。
今作は「ニューヨークの休日」と銘打ったニューヨークゆかりの曲が取り上げられています。
よく耳にする馴染みの曲ばかりなので聴きやすかったです。
ソフトでポップな雰囲気もあるのでトーメの特徴がよく出ていると思います。
(3)「LULLABY OF BIRDLAND」は名唱です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(くつろぎ系)




* MEL TORME' / 4CD・SIX CLASSIC ALBUMS
mel torme'(vo),
marty paich's orchestra, etc
(1955-1960rec)/Reel To Reel/

Disk 1
1 I God It Bad
2 Till The Clouds Roll By
3 Isn't It Romantic
4 I Know Why
5 All This And Heaven Too
6 How Long Has This Been Going On
7 Polka Dots And Moonbeams
8 You Leave Me Breathless
9 I Found A Million Dollar Baby
10 Wonderful One
11 It's A Blue World
12 Stay As Sweet As Your Are
13 Lulu's Back In Town
14 When The Sun Comes Out
15 I Love You Watch The Moonlight
16 Fascinating Rhythm
17 The Blues
18 Carioca

Disk 2
1 The Lady Is A Tramp
2 I Like To Recognize The Tune
3 Keeping My Self For You
4 Lullaby Of Birdland
5 When April Comes Again
6 Sing For Your Supper
7 Nice Work If You Can Get It
8 Somethings Gotta Give
9 A Foggy Day
10 A Fine Romance
11 Let's Call The Whole Thing Off
12 Top Hat, While Tie And Tail
13 The Way You Look Tonight
14 The Piccolino
15 They Can't Take That Away From Me
16 Cheek To Cheek
17 Let's Face The Music And Dance
18 They All Laughed

Disk 3
1 Tat Old Feeling
2 Gloomy Sunday
3 Body And Soul
4 Nobody's Heart
5 I Should Care
6 The House Is Haunted
7 Blues In The Night
8 I Don't Want To Cry Anynore
9 Where Can I Go Without You
10 How Old She Look
11 'Round Midnight
12 I'm Gonna Laugh You Right Out Of My Life
13 At The Crossroads
14 Frenesi
15 Adios
16 Baia
17 Six Lessons From Madame La Zonga
18 Rosita

Disk 4
1 Take The "A "Train
2 Tenderly
3 Night In Tunisia
4 Four
5 Early Autumn
6 Four Brothers
7 Sing ,Sing,Sing
8 My Funny Valentine
9 Frenesi
10 Body And Soul
11 What's Your Story, Morning Glory
12 Peanut Vender
13 Thanks For The Memory
14 It Shouldn't Happen To A Dream
15 Just In Time
16 Under The Branket Of Blue
17 That's Your Red Wagon
18 Peel Me A Grape


メル・トーメ(vo)も何枚かの代表作を聴いただけでほとんど知らなかったです。
多くの男性ヴォーカリストのようにポピュラーとジャズの中間を行くと思っていました。
ベルベット・ヴォイスと言われるやわらかくあたたかい歌声の持ち主だしね。
作編曲者としても知られていて「ザ・クリスマス・ソング」という大ヒット曲も持っている。
ところが今回まとめて聴いてみて新しい発見がありました。
ジャズへの矜持が強く、意外に硬派で本格的なジャズ・ヴォーカリストだと知りました。

今作には1955〜1960年収録のアルバム6枚が入っています。
*It's A Blue World(1955)
*Mel Torme & The Marty Paith Dek-Tette(1955)
*Mel Torme sings Fred Astaire(1956)
*Torme(1958)
*Ole Torme(1959)
*Swingin' On The Moon(1960)
この中ではイラスト・ジャケの「Dek-Tette(1955)」が知られていると思います。
私でさえもLPを持ってるほどです。

(中間系)