[トップページ]



Dragon's Jazz Corner

George Coleman (ts)


* GEORGE COLEMAN QUARTET / A MASTER SPEAKS
george coleman(ts),
mike ledonne(p), bob cranshaw(b), george coleman jr(ds)
peter bernstein(g)(3)
2016/Smoke Sessions Records/

1 Invitation (B.Kaper)
2 The Shadow Of Your Smile (J.Mandel)
3 Blues For B.B (G.Coleman)
4 Blondie's Waltz (G.Coleman)
5 You'll Never Know What You Mean To Me (M.LeDonne)
6 Darn That Dream (J.V.Heusen)
7 Sonny's Playground (G.Coleman)
8 These Foolish Things (J.Strachey/H.Link)
9 Time To Get Down (G.Coleman)


ジョージ・コールマン(ts)のリーダー作を買うのも久しぶりです。
コールマンはジャズ・シーンを代表する名コンボ「マイルス・デイヴィス・クインテット」に在籍しました。
別格のジョン・コルトレーン(ts)とウエイン・ショーター(ts)の間に挟まれ損をしていますが、
超一流のジャズ・マンであることは間違いありません。
1964年の在籍時に吹き込んだ「My Funny Valentine」と「Four And More」はマイルスの代表作です。
私にとっても「My Funny Valentine」には特別の思い入れがあります。
それこそレコード盤が擦り切れるほど聴きました。

コールマンは1935年生まれなので現在81歳、今作録音時は80歳です。
自身のオリジナル4曲に共演のマイク・ルドン(p)が1曲、その他スタンダード4曲の構成です。
ソニー・ロリンズ(ts)・コンボで活躍したボブ・クランショウ(b)の名前が見えるのも嬉しい。
クランショウも元気なんですね・・・録音時は82歳でした。
1曲だけピーター・バーンステイン(g)が参加しています。

80歳でこれだけ吹ければもう十分です・・・余りの元気さに驚きました。
刺激的なフレージングと力強く艶のある音色はとても80歳とは思えません。
まずは(1)「Invitation」でぶっ飛びました。
12分超の一番の長丁場ですがコールマンの面目躍如たる演奏を聴かせてくれました。
ボサノバの(2)、バラードの(6)と(8)のスタンダードも聴きどころになります。
オリジナルではワルツの(4)、ブルース奏法が聴ける(3)、印象的なテーマを持つルドンの(5)に注目です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)




* GEORGE COLEMAN/4 OF MILES / GENERATIONS
george coleman(ts), mike stern(g), ron carter(b), jimmy cobb(ds)
2002/DHESKY/

4人によるマイルス・デイビスのトリビュート・アルバムはライブ盤です。
お馴染みの曲がズラリと並んでいますね。
ここで面白いのはピアニストではなくマイク・スターン(g)が参加したことです。
これが効果的で 一味違う作品になりました。
やはり聴きどころはジョージ・コールマン(ts)とマイクになるでしょうか。
観客の興奮ぶりも伝わってきます。

「There Is No Greater Love」、「All Blues」、「On Green Dolphin Street」、
「Blue In Green」、「My Funny Valentine」、「If I Were A Bell」、「Oleo」

(中間系)




*GEORGE COLEMAN / I COULD WRITE A BOOK
The Music Of Richard Rodgers

george coleman(sax)
harold mabern(p), jamil nasser(b), billy higgins(ds)
1998/TELARK/

ジョージ・コールマン・カルテットによるリチャード・ロジャース作品集です。
ジョージ・コールマンがマイルス・バンドに在籍したのは約1年間でした。
ジョン・コルトレーンとウェイン・ショーターという二人の大物にはさまれて損をしていますが、
結構隠れファンも多いプレイヤーだと思います。
マイルス以後はヨーロッパに渡ってシダー・ウォルトンのイースタン・リベリオンが有名です。
ここでもリチャード・ロジャースの名曲をひと味違う解釈で聴かせてくれています。
メンバーも渋い芸達者が揃っていますね。

「Falling Love With Love」、「My Funny Valentine」、「Lover」、
「Bewitched」、「I Didn't Know What Time It Was」、「My Favorite Things」、
「Have You Met Miss Jones」、「I Could Write A Book」

(中間系)




*GEORGE COLEMAN QUARTET / MY HORNS OF PLENTY
george coleman(ts,as,ss),
harold mabern(p), ray drummond(b), billy higgins(ds)
1991/Birdlogy/

ここでジョージ・コールマンはテナー、アルト、ソプラノ・サックスを駆使しています。
全6曲はオリジナル2曲、その他4曲の構成です。
スタジオ録音盤でじっくりと練り上げられた作品だと思います。
そこはかと緊張感の漂うアルバムになっています。

「Lush life」、「My Romance」、「The Sheik Of Araby」、「Old Folks」




*GEORGE COLEMAN QUARTET / AT YOSHI'S
george coleman(ts),
harold mabern(p), ray drummond(b), alvin queen(ds)
1989/Theresa Records/

このジョージ・コールマン・カルテットのライブ盤は素晴らしい仕上がりです。
全7曲はオリジナル2曲、その他5曲の構成。
この日のコールマンは絶好調だったと思います。
しっとりと高らかにサックスがコントロールされていて聴き応えは十分です。
オリジナル(6)「Father」は名曲です。

「They Say It's Wonderful」、「Good Morning Heartache」、
「Up Jumped Spring」、「Soul Eyes」