[トップページ]



Dragon's Jazz Corner

Doug Webb (ts)


* DOUG WEBB QUINTET / FAST FRIENDS
doug webb(ts), michael dease(tb),
michel forman(p), chris colangelo(b), roy mccurdy(ds)
2018/Posi-Tone/

1 Last Trane To Georgia (D.Webb)
2 Friends Again (L.Morgan)
3 High Groove, Low Feedback (H.Mobley)
4 Surfing The Webb (D.Webb)
5 Ah-Leu-Cha (C.Parker)
6 Dease Things (D.Webb)
7 Dream Stepper (L.Konitz)
8 A Night In Tunisia (D.Gillespie)
9 Dig Doug (M.Dease)
10 The Things We Did Last Summer (J.Styne)
11 Nopolo (D.Webb)


ダグ・ウエッブ(ts)のリーダー作を買うのは2枚目です。
今作はトロンボーン奏者のマイケル・ディーズとにフロント2管に惹かれました。
あとロイ・マッカーディ(ds)にも注目しました。
ご存知キャノンボール・アダレイ・クインテットのドラマーです。
もう80歳を過ぎていますが元気な演奏を聴かせてくれました。

全11曲は自身のオリジナル4曲、ディーズ1曲、その他6曲の構成です。
リー・モーガン(tp)、ハンク・モブリー(ts)、チャーリー・パーカー(as)、リー・コニッツ(as)、
ディジー・ガレスピー(tp)のモダン・ジャズ曲とスタンダードが1曲入っています。
選曲からウエッブはストレートなハード・バップ・サウンドを目指しているのがよく分かります。
ただ安定感はあるけれど突き抜けるところがないのでいまひとつ物足りないところが残りました。
辛くも甘くもなく中途半端な味になっています。
そんな中でベストはディーズのトロンボーンが光る(8)「A Night In Tunisia」でした。
このグループは地味系なので思いっきりアップ・テンポで派手な曲が合うと思います。

(中間系)




*DOUG WEBB QUARTET / RENOVATIONS

doug webb(ts,ss), stanley clarke(b), gerry gibbs(ds),
joe bagg(p)(1,5,6), larry goldings(p)(2,4,8), mahesh balasooriya(p)(3,7)
2010/Posi-Tone Records/

1 Satin Doll
2 Then I'll Be Tired Of You
3 I Can't Get Started
4 I've Never Been In Love Before
5 You've Changed
6 They Cant Take That Away From Me
7 Bluesette
8 Slow Hot Wind


ダグ・ウェブ(ts,ss)は初見、多分このレーベルも初めてです。
ジャケットには楽器もメンバーも書いていないので「何の人?」ってお店の人に聞いてしまいました。
こういうのは紛らわしくていけません。
でも裏には曲目が書いてあって、これがスタンダードばかりなので「まぁ〜問題ないか」と思いました。
家に帰って開封してみるとスタンリー・クラーク(b)やラリー・ゴールディングス(p)の名前がありました。
実際、「メンバーは誰なんだろう」と楽しみな気分もありましたよ。
ベースのスタンリー・クラークは上原ひろみさんと組んで今年のグラミー賞を取ったのは記憶に新しいところ。
ピアニストが3人聴けるのもお徳用です。

やはり西海岸の流れを踏襲しているのか、スマートな雰囲気を持っていると思います。
テナー・サックスが(1)、(4)、(5)、ソプラノ・サックスが(2)、(3)、(6)、(7)、(8)です。
テナーは(5)「YOU'VE CHANGED」、ソプラノは(2)「THEN I'LL BE TIRED OF YOU」がゆったりとした流れ、
ジャズ的にはポスト・バップの香りが強い(7)「BLUESETTE」と(8)「SLOW HOT WIND」が秀逸でした。
柔らかなビック・トーンの持ち主、オーソドックスで聴き易く、意外に拾い物のサックス・アルバムだと思います。
面白いはソプラノでこちらは身体に似合わぬ繊細なプレイを聴かせてくれました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)