[トップページ]



Dragon's Jazz Corner

Bobby Watson (as)


* VINCENT HERRING & BOBBY WATSON & GARY BARTZ / BIRD AT 100
vincent herring(as), bobby watson(as), gary bartz(as),
david kikpski(p), yasushi nakamura(b), carl allen(ds)
2019/Smoke Sessions Records/

1 Klactoveedsedatenne (C.Parker)
2 Bird-ish (B.Watson)
3 Lover Man/V.Herrring (J.Davis/R.Ramirez/J.Sherman)
4 The Hymn (C.Parker)
5 These Foolish Things/B.Watson (J.Strachey/H.Marvel/H.Link)
6 Folklore (V.Herring)
7 Bird Lives (J.McLean)
8 April In Paris/G.Bartz (V.Duke/Y.Harburg)
9 Yardbird Suite (C.Parker)


人気アルト・サックス奏者3人によるチャーリー・パーカー生誕100年周年記念盤です。
それもヴィンセント・ハーリング、ボビー・ワトソン、ゲイリー・バーツとくれば興味が湧きました。
ただ2人ならともかく3人になると顔見世興行的で焦点がぼやけるかもとも思いました。
でも1枚で3人が一度に聴ける徳用盤なんてそうはありませんね。

全9曲はパーカー作が3曲、その他6曲の構成です。
目玉は3人のソロで(3)「Lover Man」でハーリングが(5)「These Foolish Things」でワトソンが、
(8)「April In Paris」でバーツがフューチャーされていることです。
手慣れた3人のバラード・プレイが聴きどころになりました。
このそれぞれの1曲が聴けるだけでも価値があると思います。
バックのトリオにもまた注目しました。
デヴィッド・キコスキ(p)、中村恭士(b)、カール・アレン(ds)という天才肌が脇を固めています。
中にジャッキー・マクリーン作の(7)「Bird Lives」が入っていました。
これには3人のマクリーンに対するトリビュートも含まれているのではないかと思いました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)




*BOBBY WATSON SEXTET / FROM THE HEART
bobby watson(as), leron thomas(tp), warren wolf(vib,p),
halold o'neal(p), curtis lundy(b), quincy davis(ds)
2007/Palmetto/

1 Wikes Bbq
2 Purple Flowers
3 Deep Pockets
4 Climbing The Stairs
5 Aye Carumba
6 For Milt
7 Peace, Love, And Carrots
8 Del Corazon
9 Timeless
10 From The Heart
11 Marcus Vein


才人、ボビー・ワトソンの新譜はさすがに一味違います。
フレッシュなメンバーと共に溌剌とした切れのある演奏を聴かせてくれました。
たしかにワトソンの持つ「Young At Heart」は感じることができます。
ヴァイブのウォーレン・ウォルフの名前はチラホラ聞きますが、レロン・トーマス(tp)、
ハロルド・オ・ニール(p)、クインシー・デイヴィス(ds)は初見、ニュー・フェイスだと思います。
しかし、カーティス・ランディ(b)が脇を固めているので人選にもソツがありません。
ワトソンも新人の発掘、育成に努めているのでここいらへんの名前は覚えておくことにしましょう。
全曲、メンバーのオリジナルによる意欲的な作品になっています。
特にウォーレン・ウォルフの瑞々しいヴァイブ・プレイが魅力で、今後の期待は大きいです。
ヴァイヴ界には久しくニュー・スターが現れていないのでなんとか大きく羽ばたいて欲しいと願っています。
もちろん、あとの3人も張り切って好演しています。
ところでワトソンは「ホライゾン」という自己のグループ名を持っていますがここでは使われていません。
なぜなんでしょうか。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(まじめ系)




*BOBBY WATSON & HORIZON / HORIZON REASSEMBLED
bobby watson(as), terell stafford(tp,fhn)
edward simon(p), essiet essiet(b), victor lewis(ds)
2004/PALMETTO RECORDS/

ボビー・ワトソン(as)が率いるホライゾンの新譜です。
全11曲中、メンバーのオリジナルが6曲、バカラックの「THE LOOK OF LOVE」も取り上げています。
一聴した第一印象はちょっと大人しい、さすがのワトソンも落ち着いてしまったのかなということでした。
元々彼はテンションが高くて覇気のある演奏が最大の魅力だったからです。
しかし、それを補って余りあるのがテレル・スタッフォード(tp、fhn)とエドワード・サイモン(p)のプレイです。
特にテレル・スタッフォードはジャズ仲間のGAKOさんの一押しでしたが、なるほどなぁーと思いました。
若かれし頃のアート・ファーマー(tp、fhn)かケニー・ドーハム(tp)か。
しなやかでまろやかな音色ながら鋭いアタックや切れ味を併せ持つプレイヤーです。
エドワード・サイモンは新感覚のピアニストかと思っていましたがバップを演らせても大したものです。
さすがに懐が深いところを見せてくれました。
ワトソンがジャズ・メッセンジャーズで鍛えられたように今度は彼自身が若手を育てる立場になったわけです。

(中間系)




*BOBBY WATSON QUINTET / LIVE & LEARN
bobby watson(as), gregg skaff(g),
john hicks(p), curtis lundy(b), victor lewis(ds), kenny washington(ds)
2002/Palmetto/



*BOBBY WATSON QUARTET / IN THE GROOVE
bobby watson(as)
dado moroni(p), hein van de geyn(b), hans van oosterhout(ds)
2000/CHALLENGE REC/

1 Confirmation
2 All Blues
3 The Shadow Of Your Blues
4 Cjherokee
5 Blues For Claude
6 The Theme


久し振りにボビー・ワトソン(as)のアルバムを買ってみました。
これはいいですね、文句なしです。ライブ・アルバムとしても極上の一品です。
1曲目、チャーリー・パーカー作の「CONFIRMATION」におけるアルトソロから始まる
プレイは熱い!!、ワトソンの面目躍如、まさに圧倒的な迫力で迫ってきます。
2曲目、「ALL BLUES」ではダド・モロニ(p)が凄みのあるプレイを聴かせます。
ワトソンの変幻自在のソロ、モロニのピアノも相変わらず切れ味が鋭いです。
「百聞は一聴にしかず」、ワトソンとモロニとの勝負は本当に聴き応えがありますよ。
ジャズ・フェスティバルにおける真剣勝負のぶつかり合いに圧倒されてしまいました。
ベース、ドラムも強力、早くも今年のベスト3候補の登場です。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(まじめ系)




*BOBBY WATSON & HORIZON / NO QUESTION ABOUT IT
bobby watson(as), frank lacy(tb), roy hargrove(tp).
orrin evans(p), curtis lundy(b), montez coleman(ds)
1988/Blue Noe/

ボビー・ワトソンもホライゾンを結成して後進の発掘、育成に努めています。
ロイ・ハーグローブ(tp)もここが初登場でした。




*BOBBY WATSON QUARTET / LOVE REMAINS
bobby watson(as),
john hicks(p), curtis lundy(b), marvin"smitty"smith(ds)
1988/RED/

ボビー・ワトソンはジャズ・メッセンジャーズで一気に名前が知られました。
アルト・サックスの名手の一人だと思います。
ここはワトソンのメロディ・メーカーとしての実力をいかんなく発揮した一枚。
全曲オリジナルでジョン・ヒックス・トリオの好演も光ります。
隠れ名盤の一枚です。