[トップページ]



Dragon's Jazz Corner

Anita O'day (vo)


* ANITA O'DAY / TRAV'LIN' LIGHT
anita o'day(vo),
johnny mandel orchestra, russ garcia orchestra,
ben webster(ts), frank rosolino(tb), jimmy rowles(p),
barney kessel(g), mel lewis(ds), etc
1960-61Rec/Essential Jazz Classics(2012)/

1 Trav'lin Light
2 The Moon Looks Down And Laughs
3 Don't Explain
4 Remember
5 Some Other Spring
6 What A Little Moonlight Can Do
7 Miss Brown To You
8 Got Bress The Child
9 If The Moon Turns Green
10 I Hear Music
11 Lover, Come Back To Me
12 Crazy He Calls Me
13 That Old Feeling
14 Angels Eyes
15 The Thrill Is Gone
16 Detour Ahead
17 Yesterdays
18 Waiter, Make Mine Blues
19 Whatever Happed To You
20 When Sunny Gets Blues
21 Stells By Starlight
22 Mad About The Boy
23 A Blues Serenade
24 Goodbye


先週のクリス・コナー同様にアニタ・オディ(vo)を聴くのも超久し振り、半世紀振りです。
当時の定番だった「ジス・イズ・アニタ」と「アニタ・シングス・ザ・モスト」の2枚を聴いただけ。
ずっとインスト専門だったのでしょうがないけど。
こんないいアルバムがあったなんて全然知りませんでした。

今作は「Trav'lin' Light」と「Waiter,Make Mine Blues」をカップリングしたものです。
「Trav'lin' Light」はビリー・ホリディの名唱で知られていてライブに行くと今でもよく歌われます。
つまり1−12までの前者はビリー・ホリディのトリビュート作品だったという位置付けです。
もう1枚もバラードが中心でアニタのしっとりとした歌声に焦点を当てたアルバムになっています。
元々アニタは抜群のスイング感と突っ込み鋭い歌唱力と楽器顔負けのスキャット技術を持っていました。
こういう作品は珍しいんじゃないかな。
改めてアニタ・オデイとクリス・コナーは白人女性ジャス・ヴォーカリストの最高峰だと思いました。

「ドラ流目立たないけどいいアルバム」

(中間系)




* ANITA O' DAY / FOUR CLASSIC ALBUMS PLUS
anita o' day(vo),
billy may orchestra, three sounds, marty paich's orchestra,
cal tjader(vib), etc
2014(1958-62rec)/Avid Entertainment/

Disk 1
1 Johnny One Note
2 Little Girl Blues
3 Falling In Love With Love
4 Bewitched
5 I Could Write A Book
6 Have You Met Miss Jones ?s
7 Lover
8 It Never Entered My Mind
9 Ten Cents A Dance
10 I've Got Five Dollars
11 To Keep My love Alive
12 Spring Is Here
13 When The World Was Young
14 Someday My Prince Will Come
15 All Too Soon
16 My Heart Stood Still
17 My Ship
18 Leave It To Me
19 Whisper Not
20 Blues By Five
21 Fly Me To The Moon
22 You And The Night And The Music
1940s Singles
23 And Her Tears Flowed Like Wine
24 How Come ?
25 Skylark
26 Thanks For The Boogie Ride

Disk 2
1 Take The "A "Train
2 Tenderly
3 Night In Tunisia
4 Four
5 Early Autumn
6 Four Brothers
7 Sing ,Sing,Sing
8 My Funny Valentine
9 Frenesi
10 Body And Soul
11 What's Your Story, Morning Glory
12 Peanut Vender
13 Thanks For The Memory
14 It Shouldn't Happen To A Dream
15 Just In Time
16 Under The Branket Of Blue
17 That's Your Red Wagon
18 Peel Me A Grape
19 An Occasional Man
20 The Party's Overl
21 I Believe In You
22 Mr.Sandman
23 Spring Will Be A Little Late The Year
24 I'm Not Supposed To Be Blue Blues
25 Let Me Off Uptown
27 Boogie Blues


アニタ・オデイ(vo)をもっと聴いてみたいと思いました。
1958〜1962年収録のアルバム4枚と1940年代収録のシングル7曲です。
*Anita O'Day & Billy Mey / Swing Rodgers & Hart
*Anita O'Day & The Three Sounds
*Anita O'Day Sings The Winners
*Time For Two Anita O'Day & Cal Tjader
この中ではスリー・サウンズ(grp)とカル・ジェイダー(vib)との共演盤が面白かったです。
特にジェイダーとのラテンものに興味を惹かれました。
徳用盤ではあるけれどやっぱり一度に聴けるのは便利だと思います。

(中間系)